fc2ブログ

三本松 メガネのカワイ 店長ブログ | 補聴器相談会開催中

幻の橋

三本松 メガネのカワイ 店長ブログです。
カワイHPバナー
本日、木曜日は誠に勝手ながら定休日とさせていただいております。

池田 ピーア

吉野川がブルーに輝く三好市池田町より。

トンネルのようにも見えますが、建設されながら完成しなかった幻の橋です。

池田の“ピーア”と呼ばれているようですね。

池田 ピーア

対岸から(2年前の撮影)

橋脚の跡が残っているのがお分かり頂けると思います。

池田 ピーア


池田ダム下流に残されている幻の橋の詳細については、いつも徳島県西部の情報をいただ

いているブログ・白うさぎさんの『にし阿波暮らし』 より転載させて頂きました。


~ 未完成の池田橋 ~  

諏訪公園の眼下吉野川の両岸に相対して大きな鉄筋コンクリート造りの橋梁取り付け口の
ピーアがある。これが未完成のまま残された池田橋である。
昭和6年末、池田町長田原作太郎、川崎彦市、脇町森幸雄らによって、池田町と対岸の箸
蔵村を結ぶ賃取橋が計画された。
その規模は橋の大きさ、全長221メートルほど、幅員5.6メートル、水面より高さ21.21
メートル、工事費予算15万円で、6年12月15日県の認可を受け、7年2月2日、千五百川
原で起工式を行い着工したが、翌8年の出水によって橋脚二基のうち北側の橋脚が倒れ水
中に没した。
その後南側の橋脚も倒れ、両岸のピーアだけが残った。実現に努力した田原作太郎も10
年3月に死去し、続行不可能となった。その後12年1月16日に池田橋速成委員会が作られ
たが、これも立ち消えになった。


何と出来たばかりの橋脚が、2本とも倒壊してしまったのですね。

当時既に完成していた下流の三好橋が全長243.5メートルで工事費36万円だったことから

考えると、15万円という三好橋の半額以下の工事費に倒壊の原因がありそうです。

80年経った今もなお残る橋脚。1本の川と橋をめぐる悲しい物語でした。




いつも応援クリックありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村

Category : 幻の橋
Posted by カワイ on  | 16 comments  0 trackback

16 Comments

kanageohis1964 says...""
こんにちは。

リンク先のブログも拝見してきました。橋脚の根元がまだ川の中に残っている所を見ると、橋脚自体が強度不足で水圧に耐えられずに折れてしまった様ですね。確かに予算が極端に少ないところから見ても、強度をかなり甘く見込んでいたのでしょうね。

昭和初期ですと、東京とその周辺の各県では既に公費による橋の建設が進んでいた時代ですが、その時期にまだ橋銭徴収によって経費を賄おうという計画があったというのも、注目すべき点かとも思いました。
2015.05.07 08:59 | URL | #- [edit]
スターゲイザー☆ says...""
幻の橋、池田の“ピーア”がブログに登場するとは

橋マニアなカワイさんこんにちは~!

“ピーア”と呼ばれるなんて初めて知りました。

知ってるのは小島よしおの“ピーア”くらいですが

こちらも幻のギャグとなりつつあるような気がしますw
2015.05.07 12:29 | URL | #BWgGc7Fk [edit]
やすろぐ says...""
田原作太郎氏の志を継ごうと
密かに画策中の カワイさん、こんにちは。

橋脚の跡が小さくて見えにくいので
黄金の愛用ジェットスキーを持って行って
近くで激写して頂けるとありがたいです。。

それにしても水量タップリの清流ですね~♪
2015.05.07 14:55 | URL | #sSHoJftA [edit]
UP says...""
こんにちは~

《ピーア》がわからなくてググと
ピーアとは「地名」の意味とだけ。。

「池田のピーア」でググると、師匠と白うさぎさんが出てきました。
さすが!
でもピーアって結局 何?
この写真だとコンクリートの部分「橋梁取り付け口」のことかな?

こうして2年前の写真と比べると、上手になっていますね(笑)
2015.05.07 16:36 | URL | #yftrNhoQ [edit]
ボスプル says...""
結局ピーアってなんですのー?説明してくれましても意味わからんから
理解できません〜♪ カワイさん、ラッスンゴレライ。

工事費予算が捻出できないんだったら一声カワイさんの
おじいさんにお願いしていれば完成で来ていたでしょうね!
それで視察に訪れているという事は着工するのですか?
2015.05.07 20:05 | URL | #- [edit]
カワイ says..."Re:"
kanageohis1964さん

いつもありがとうございます。
時代背景がよく分かりました。香川県には大きな川がない
だけに「賃取り橋」や「渡し船」が大変珍しく感じます。
2015.05.07 20:36 | URL | #- [edit]
カワイ says..."Re:"
スターゲイザー☆さん

ご存知でしたか!


> 知ってるのは小島よしおの“ピーア”くらいですが


あ、そうじゃなかったか(笑)

ピーアは池田高校出身の身内に聞きましたので、間違いありません。
2015.05.07 20:38 | URL | #- [edit]
カワイ says..."Re:"
やすろぐさん

天才・田原成貴ならよく知っていますよやすろぐさんこんばんは。

> 橋脚の跡が小さくて見えにくいので
> 黄金の愛用ジェットスキーを持って行って
> 近くで激写して頂けるとありがたいです。。



http://kawaimegane.blog40.fc2.com/blog-entry-1537.html
前回のブログをご覧下さい。
内容は同じですけど。

私の友人は池田ダムでよくジェットスキーしてるそうです。
目的は違いますが、お互い好きな場所ってのがおもしろかったです。
2015.05.07 20:43 | URL | #- [edit]
カワイ says..."Re:"
UPさん

こんばんは。
池田高校出身の身内に聞きました。
正式名称ではないと思いますが、そう呼ばれているようです。

> こうして2年前の写真と比べると、上手になっていますね(笑)


それは嬉しいですけど、季節とお天気のせいでしょうね(笑)
2015.05.07 20:45 | URL | #- [edit]
カワイ says..."Re:"
ボスプルさん

あーそのリズムは何だかイラッと来ますよボスプルさん
こんばんは。

> 工事費予算が捻出できないんだったら一声カワイさんの
> おじいさんにお願いしていれば完成で来ていたでしょうね!


絶対にそのネタで来ると思っていましたよ。

> それで視察に訪れているという事は着工するのですか?


対岸に集落はないので、作っても喜ばれませんね。
2015.05.07 20:48 | URL | #- [edit]
秘密のさいこちゃん says...""
当時の15万円がどれくらいの額なのか
ピンときませんが
建造物を作るときは下のものほど大切なんですよ
地盤とか基礎とかね
橋なんて特にじゃないですか?
岩盤や川底の調査や水の速度、量などなど
緻密な調査と設計と充分な予算が必要です
ぜひ足りない部分は歌和囲財閥の援助を・・・

で、ピーアって橋脚のことですよね
2015.05.07 21:04 | URL | #- [edit]
カワイ says..."Re:"
秘密のさいこちゃんさん

昭和初期の物価を見ると、東京の住宅地の価格が1坪6~9円で
澁谷の一等地が22円、地下鉄の運賃が22銭とかそんな感じでした。

> 建造物を作るときは下のものほど大切なんですよ
> 地盤とか基礎とかね


それは仰るとおりですね。

> 橋なんて特にじゃないですか?
> 岩盤や川底の調査や水の速度、量などなど
> 緻密な調査と設計と充分な予算が必要です


そう考えると、今架かっている橋などは優秀ですよね。

> ぜひ足りない部分は歌和囲財閥の援助を・・・

ホラ来た(笑)

> で、ピーアって橋脚のことですよね


多分そうだと思います。
この場所の呼称になっているようですね。
2015.05.07 21:21 | URL | #- [edit]
かっぱのしんちゃん says...""
こんばんは~!
吉野川きれいですね^^
エメラルドブルーって感じですね(^○^)
2015.05.07 21:57 | URL | #- [edit]
mugichan says...""
あらぁ・・よくは分かりませんが 手抜き?・・・その後撤去しないでそのまま・・というのも何とも・・ですねぇ・・


今日も元気に行きましょう ポチッ! (^O^)/
2015.05.08 07:42 | URL | #- [edit]
カワイ says..."Re:"
かっぱのしんちゃんさん

ありがとうございます。
その表現がぴったりな色ですね。
2015.05.08 13:00 | URL | #- [edit]
カワイ says..."Re:"
mugichanさん

ありがとうございます。
手抜きというのとはまた違うと思いますが、ここに
橋を架けるというのが悲願だったのでしょうね。
2015.05.08 13:01 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://kawaimegane.blog.fc2.com/tb.php/2353-829806fd
該当の記事は見つかりませんでした。